警備員について書いてみた【施設警備】

これから警備員について書いていこうと思うんやけどあくまで俺ん所の警備会社、部署の事やから参考程度に

では書いてゆくぅ


まず覚えておくべき警備用語

これは多分どこの警備会社行っても使うと思う 覚えといて損はないやろう

24(ニーヨン

   24時間勤務のこと 

48(ヨンパチ)

   24時間×2の48時間勤務のこと

日勤

   普通の会社と同じ勤務 会社にもよるが8:30〜17:30とか

夜勤

   仮眠を挟んでの勤務 会社にもよるが17:30〜8:30とか

明け休み(明け)

   説明むずいので画像貼ります

公(こう)

   休みの日 俺んとこは4日しかない

明け公(あけこう)

   明けで次の日が休み

上番(じょうばん)

   会社に来た時

下番(かばん)

   帰る時 げばんとかゆったら笑い者にされるで

仮眠(かみん)

   大体4〜5時間程度

こんな感じ 


意外とハード 警備のシフト

これはほんまに警備会社、部署による

俺のところはめちゃくちゃきつい

日勤夜勤24夜勤48明けなど、感情がなくなるレベルのシフトを組まれる時がある

24明け24明け24明け……などの警備会社もあるらしいのでしっかり求人を見るか面接の時に聞こう。

拘束時間が長すぎる

長い とにかく長い

普通の会社やったら拘束時間は大体8〜9時間

それに対し警備は24時間、48時間、夜勤48やったら57時間?

長い

まだまだ遊びたい年頃の人は精神的にやられると思う

人間関係

拘束時間長い&人数少ない(1つの部署に10人?程度)が故に人間関係はいいと思う

部署によるが。

喧嘩したらめちゃくちゃ気まずいやろなぁ

シフトはきついが仕事内容は割と楽

解施錠、巡回、受付が基本なので覚えたら楽(何回もゆわしてもらおう 部署による)

明けで寝ない人は強い

明けに寝ないで遊びに行ける人は休みが多く感じるだろう


なんか眠たいすぎて何書いてるか分からんくなってきたからこの辺で書くの終わりやす

最後にまとめます

まとめ

拘束時間長し。

退職者に向けた最適ガイドライン【退職NOTE】

コメント

タイトルとURLをコピーしました